自慢のツヤ髪ストレートはどこへ

薄々気付いてはいたのです。ベルタシャンプーの効果と私の口コミ!お試ししてみた体験談を辛口評価でお届け!

けれど気付いてないふりをしていたのです。
今日は湿気が多いしね~と無理やり自分に言い聞かせていたのです。

そう、「うねり」の話しです。
出産前、コシのある艶髪ストレートが私の自慢でした。
ボブにすればくるっと綺麗に内側にまとまる。
毛量も多く、髪の毛で苦労したことはありませんでした。

それがどうでしょう。出産後、うねるうねる。
最初はブローのせいかと思いました。
なれない育児で、ブローをする時間もろくになかったからです。
そのため、「なんか髪がうねってるけど、きちんとブローしてないしねー」とそのくらいにしか思っていませんでした。

しかし、いつしかブローをしても髪がまとまらないことに気付き始めました。

美容師さんに聞いたところ、こう答えました。
産後、ホルモンバランスの関係で、髪質が変化していると。
ブローしても直らないのはこのせいか!と納得とともに、もうあの頃の髪質に戻らないと思うとショックでした。

コシのある自慢の艶髪どこへやら・・・
ブローしても直らないので縮毛矯正をしましたが、数年経った今はうねってます。
そして第2子出産後は、なぜか前髪がパックリと分かれてしましい90年代前半の男子学生のよう。

現在第3子を妊娠中です。次はどんな試練が待っているのでしょうか。

年齢とともに進行する「薄毛」に待った!

加齢とともに進行する「薄毛」。

若かりし頃は、意識すらしたことのなかった「薄毛」。http://mmdh.jp/

何とか食い止めることはできないものかと考えた結果、

シャンプーの方法を変えることで、最近その「進行速度」を落とすことに成功! できているような気がします。

風呂上り、

鏡に映った自分の姿を見ながら、恐る恐る、頭を拭いた後にタオルを広げる。

と、かつては、そこに「若くて細い髪」が大量に付着していました。

が、最近はその量が確実に減っています。

以下3点に注意しつつ、シャンプーするよう心がけています。

(1)最初しっかりとシャワーで髪全体を洗い流す。(1~2分)

 水溶性の汚れを洗い流すとともに、頭皮を柔らかくする効果があります。

(2)シャンプーを頭皮になじませるように全体に広げる。(5分程度)

 「髪を洗う」というよりは「頭皮を洗う」という感覚で。

 指先で頭皮全体を優しくマッサージするように。

 イメージとしては、柔らかい桃の表面を、指で優しくマッサージしながら洗うような感じで。

(3)シャワーでしっかりと洗い流す。(3~5分)

 この時も頭皮をマッサージしながら洗い流すことで、頭皮全体の血行が良くなり抜け毛予防に。

 シャンプーが残らないようにしっかりと洗い流す。

ここ2年ほど、上記3点実施することで、なんとなく「薄毛進行」に待ったがかかっているように思います。

さらに継続すれば、「増毛」に転じさせることも夢ではないか!?

今後も注意深く観察していきたいと思います。

美容は女性の永遠の悩み

初めまして、現在アラフォーのsana37です。ルメントホワイトニングジェルの効果を暴露!人気オールインワンの本音口コミ!

ニキビができ始めた10代からずーっとお肌の事で悩みの絶えない日々なので、年代別にどんな悩みがあったのか、誤った対処、良かった対処、現在の肌との向き合い方についてお話ししたいと思います。

まずは10代。ニキビができ始めたのは小学生の高学年の頃。その頃は痒みが耐えられずつぶしたり、?き壊していました。洗顔も身体と同じ固形石?で洗い、化粧水をつけるなんて考えた事もありませんでした。

中学に上がり母から洗顔料や化粧水を使うように言われ言う通りにしても改善されないので、やらないよりはマシという程度でいい加減なケアをしていました。

高校に上がると、ニキビの赤みを隠すため化粧まで始めて肌としては最悪のコンディションへ。出来たニキビを潰し、クレーターを作り自己嫌悪の毎日。肌がきれいな友達をうらやんだりしていました。当時、情報を得るには雑誌をいくつも見たり、デパートのB.Aさんに相談するのが主で今のようにネットやYouTubeはない時代。トライ&エラーを繰り返していました。20代~30代前半まではオイリー肌だと思い込み、ひたすら脂を抑える対策をくりかえしては油田状態に。30代半ばで徐々に皮が鱗状にめくれる砂漠化が始まり、皮をこすり落しては砂漠を広げるという間違ったケア。気付けば毛穴は開き、シミ、しわ、たるみ、色素沈着…肌悩みの全てがこの顔に凝縮されているのです。

今は敏感肌用の商品でもひりついたり、赤みが出る物もあるので、限られたアイテムで極力刺激のないもので刺激を与えないように肌をいたわる日々。肌トラブルは自己判断せず、皮膚科へいくようになって、やっとまともになりつつあります。間違いだらけの肌ケアは本当に良くない事だと痛感しました。皆さんも誤った自己判断より、まずはプロの意見を聞き、言う通りに実践してみてひとつひとつ自分に合うケアを見つけたいものですね。