卒乳後のしぼんだバストの改善策

妊娠出産は人生の一大イベントです。それに伴って必ず出る悩みが、バストのしぼみです。PGブラの効果

この悩みを解決するのには、卒乳後の補正下着が効果的です。

妊娠出産を機に女性の身体は大きくホルモンの影響をうけます。

平均すると妊娠中に2カップほど大きくなり、産後すぐに通常時よりも1カップ大きいバストへと進化していくのです。

しかし、授乳を卒業すると役目を終えたバストは、産前のサイズへと戻っていくのです。

元のサイズに戻るのならそれでいいのでは?と思いますが、授乳によって大きなダメージを受けたバストは元のものとは全くの別物になってしまうのです。

なぜなら、授乳のダメージはクーパー靱帯という胸を支える大切な靱帯に大きく傷をつけるのです。この靱帯が傷つくと、残念ですがもう戻ることはありません。よって、バストが垂れていたり、しぼんだりという現象が起こるのです。

授乳によってバストがしぼむのは仕方のないことですが、これ以上のダメージを与えないことが悩みを悪化させないための効果的な手段です。そのために、卒乳後のバストサイズに合った補正下着を身に着けるのがおすすめです。

また補正下着をつけていれば、バストだけではなく体全体を正しい姿勢へと導いてくれるので、見た目の印象が大変よくなります。

子育てをしているとついつい姿勢が悪くなりがちですが、バストへのダメージを軽減しつつ、シャキッとした印象を与えることが補正下着で可能になるのです。

大きい胸がコンプレックス

胸が大きいと嫌なことが沢山あるhttp://ryoaki.net/

例えば、可愛い柄のTシャツや膝丈ワンピースが着れない。なぜならTシャツは柄が伸び伸びになって限界をとどめないし、膝丈ワンピースなんかは丈が短くなるからどんなに頑張っても膝丈のワンピースがミニ丈ワンピースになってしまう。オフィスのドレスコードで膝丈ワンピースを着ていてもたまに注意を受けてしまう。

そのほかは言わすがな、肩凝りだ。物心ついた時から肩凝りにはずっと悩まされている。マッサージ師泣かせの身体だ。しかも仕事中ずっと首にネックストラップをつけてセキュリティカードをぶら下げているのでさらに辛い。セキュリティカードだけならまだなんとか耐えられただろうがセキュリティカードだけをつけるわけではないのでさらに辛い。今はだましだまし肩凝り対策をしているのでなんとかなってはいるがもうそろそろ私の肩が壊れそうだ。

そして足元が見えない。これはリアルに足元が見えないので要注意だ。特に物を両手いっぱいに抱えている時、かける瞬間は唐突にやってくるので要注意だ。

本当に毎日辛すぎて胸を抉り取りたいくらいです。過去にも豊胸手術ならず縮小手術を受けようかとマジで思ったくらいなので気のせいではありません。

小さくても加齢で下がってくると

胸が大きい人は、年齢を重ねてくると重力には逆らえないから下がってくるのが嫌だと言う人がいますが、それは大きい人ばかりではないと思います。小さい人も、加齢により、胸が下がってくると嫌になります。小さいことがコンプレックスでしたが、加齢による胸の下がりは、コンプレックスがより強くなります。

http://www.lappjob.com/

下着で虚勢しようとしても、限度があります。胸が小さい私が、年齢を重ねて更にしぼんできた胸を見て感じたことは、大きくしようとすることは下着でも可能ですが、小さい胸が垂れてきてしまったのは、どうにも出来ないということです。ある程度高いお金を出すと、それなりに良い下着が購入できるのかもしれませんが、普通の暮らしをしている人だとなかなかそこまで回らないのが現状です。

胸が下がってきても、誰も損をしないので、家計のお金をそこに使うということを考えません。垂れてきてしまったものは仕方がないと諦めるのが一番なような気がします。大きい人も同じように下がりますが、まだ大きい分、見栄えがします。胸の垂れ方で見栄えも何もないって思われてしまうかもしれませんが、小さい胸が垂れると、洋服を着用していてもぺたんこなんです。年齢を重ねて再度胸のコンプレックスを自覚するとは思いもしませんでした。