選べてる? 自分に合ったワキのケア

暑い時期は、ワキの臭いに悩まされますよね。半袖には汗ジミ、ノースリーブだと悪臭が……。そんな時、頼りになるのが制汗剤やデオドラントです。

プルーストクリームは実店舗で市販されている?購入して使った口コミと効果を完全暴露!

しかし買って使ってはみたけれど、全然悩みが解消されない! ということはありませんか? 以前の私がそうでした。

ロールオンタイプのデオドラントを使っていましたが、汗ジミが消えないし、午後にはすっかり臭くなって困っていました。そこでふと、私は商品選びを間違えているのではないか? と思ったのです。

最近はさまざまな種類の制汗剤やデオドラントが販売されています。私は何も知らずにデザインや香りで選んでいました。制汗剤とデオドラント、そしてタイプによって効能が違うことを知りませんでした。

まず、制汗剤は汗の量を一時的に抑えるもので、汗ジミを解消したい時におすすめです。デオドラントは臭いのもとになる雑菌の繁殖を防ぐもので、ワキガを解消したい時におすすめです。

スプレータイプは爽快感がありますが、効能はあまり続きません。ロールオンタイプはスプレータイプよりも効能が長続きしますが、持ち歩いて塗り直すとより効果的です。一日付け直す暇がない、という人には持続力の強いスティックタイプが向いています。それでも防ぎきれない、という人には強力なクリームタイプがおすすめ。

汗ジミが気になって、でも塗り直す余裕がない! という私にはロールオンタイプのデオドラントではなくて、スティックタイプの制汗剤がぴったりでした。ノースリーブの時にはデオドラント、半袖の時には制汗剤、というふうに使い分けるのもコツです。自分の体質や服装に合わせた臭いケア、実践してみてください。

脇汗と脇の臭いって何とかならんかな

昔から、汗はよくかくほうで、少し動いただけでも脇に汗じみが出来てしまうということはよくありました。そんな時には必ずと言っていいほどに、脇が臭うのです。いい匂いならまだいいものを、人に近づきたく無くなるような臭い。来ないでと心の中で願ってしまいます。https://tips.jp/u/sayurin/a/laughdot-rv

そのため、学生の頃から制汗剤は手放すことが出来ない存在でした。スプレータイプのものでは、朝にふりかけただけでは、全く効果を発揮せず無意味なので、必ずスティックタイプかロールタイプのものを選んで使っていました。

そんな悩みが年齢を重ねると少しずつ緩和されてきて、制汗剤が無くても平気なくらいになった時期もあり、原因は分かりませんがとても嬉しかったのを覚えています。しかし、それは冬場だけで、夏場はやはり必要です。

学生の頃に比べて臭いは少し柔らかくなりましたが、いい歳した大人が、脇の臭いを漂わせながら街中を歩くのは恥ずかしいので、今でも夏場は制汗剤が手放せません。そんな必需品でもある制汗剤が、あまり体に良くないということを知り、とても困っています。オーガニックのものを探してみるものの、手軽に買えるほどの金額ではないので、自作しようかなと思っているほどです。手術でもして、脇汗を止めてしまいたいです。

脇の臭いと汗ジミの対処方法

私は一年中脇汗がすごいです。特に緊張しているのか、仕事中などもひどいです。これ暑いとか関係ないんです。

そして、制服のワイシャツが脇のところだけ黄色くシミがでてしまって本当に最悪です。しかも、シャツの色が薄いブルーなので汗をかくと本当にわかりやすいんです。

いつも恥ずかしい思いをして仕事をしています。

http://www.tci2019antwerp.org/

私がやっている対処方法として最近いいかなと思っているのが、まずシャツに脇汗パットをとりつけます。

そうすることで脇汗パットが汗をすべて吸収してくれるのでシャツにシミができることがありません。たすかっています。

そしてもう一つは、汗をとめてくれるタイプの制汗剤を塗るようにしています。

スプレータイプなどだと成分が散らばってしまうので好きではありません。

ロールオンタイプでなおかつ、汗を抑えてくれるタイプが最近は一番のお気に入りですね。

あとは、香水もつけているので無香料であることも大切です。

私はお昼休憩に一回塗りなおすので、香料がついてるタイプだとかなり臭ってしまって、香水と匂いがぶつかってしまって気持ち悪くなってしまうんです。

この2つのアイテムで最近はかなり汗と臭いケアができるようになりました。これからもずっと愛用していきたいとおもっています。

脇汗対策にはパースピレックスがオススメ

私は昔から汗っかきで、特に脇汗の多さに悩んでいました。

プルーストクリームの効果を徹底検証!購入して3ヶ月使用した私の口コミ体験談!

夏はもちろん、秋冬でも、ちょっと動いたり、焦ったりしただけでドバっと汗が出てしまうのです。そして、汗染みとともに気になったのが、臭い。汗自体の臭いというよりも、汗が染みこんだ衣類の臭いが気になっていました。

しかし、今では脇汗の量や臭いを過剰に心配する生活からは卒業できています。その理由は、「パースピレックス」という制汗剤に出会ったからです。この商品は、人工的に角栓をつくり、汗腺にフタをするという原理の制汗剤で、お風呂上りに脇に塗っておけば、その後何日かは塗りなおさなくても制汗効果が持続するという優れもの。

塗ったあとにかゆみが出やすいというデメリットもありますが、ムヒを活用して乗り切っています。そのくらいのデメリットで、脇汗の悩みから解放されているのだから、個人的には安いものだと思っています。私も最初は、薬局で売っている制汗剤を何個試しても全然効かない、という過去があったため、半信半疑で使っていましたが、本当に脇汗をかかなくなったので泣くほど喜びました。

汗自体をかかないのだから、汗の臭いに関するストレスからも解放されて、嬉しい限りです。