卒乳後のしぼんだバストの改善策

妊娠出産は人生の一大イベントです。それに伴って必ず出る悩みが、バストのしぼみです。PGブラの効果

この悩みを解決するのには、卒乳後の補正下着が効果的です。

妊娠出産を機に女性の身体は大きくホルモンの影響をうけます。

平均すると妊娠中に2カップほど大きくなり、産後すぐに通常時よりも1カップ大きいバストへと進化していくのです。

しかし、授乳を卒業すると役目を終えたバストは、産前のサイズへと戻っていくのです。

元のサイズに戻るのならそれでいいのでは?と思いますが、授乳によって大きなダメージを受けたバストは元のものとは全くの別物になってしまうのです。

なぜなら、授乳のダメージはクーパー靱帯という胸を支える大切な靱帯に大きく傷をつけるのです。この靱帯が傷つくと、残念ですがもう戻ることはありません。よって、バストが垂れていたり、しぼんだりという現象が起こるのです。

授乳によってバストがしぼむのは仕方のないことですが、これ以上のダメージを与えないことが悩みを悪化させないための効果的な手段です。そのために、卒乳後のバストサイズに合った補正下着を身に着けるのがおすすめです。

また補正下着をつけていれば、バストだけではなく体全体を正しい姿勢へと導いてくれるので、見た目の印象が大変よくなります。

子育てをしているとついつい姿勢が悪くなりがちですが、バストへのダメージを軽減しつつ、シャキッとした印象を与えることが補正下着で可能になるのです。