頭皮にシミが出来る?肌トラブルの原因になる

紫外線は顔だけではなく、頭皮にも降り注ぎます。そのため、顔よりも頭皮や髪へのダメージも防がないと、顔もシミ・ソバカス・たるみを引き起こします。それだけ意外と忘れがちなのが頭皮になります。頭皮も皮膚に変わりがありません。しかし、髪があるので忘れだちですが、お肌と同じようにシミができます。

ルメントホワイトニングジェルは効果あり?話題のオールインワンジェルの口コミ&評価!

特に、炎天下の中、帽子等をかぶらず頭皮が長時間太陽光に晒されている状態が続くと、しばらくして分け目の部分の皮膚が乾燥して剥がれ落ちることがあり、赤くなったり変色するなどの症状が見られることもあります。そのまま色素沈着に至ってしまうと、頭皮にシミとして残ります。
自身の頭皮はなかなか見えるものではないですが、

肝斑(かんぱん)と呼ばれる顔面にできるシミがあります。ホルモンバランスに起因することに比べると、顔にできるシミより頭皮にできるものの方が、一気に強い紫外線を浴び続けることで発しやすいとされている光線性花弁状色素斑や老人性色素斑が多いのです。

いずれも紫外線が主な原因になります。そのことで、皮膚のターンオーバーが正常に機能すれば自然消滅することもありますが、シミが元々できやすい方や日焼けしやすい方にとっては注意が必要です。また、そのときに抱えている体内環境が影響することもあり、頭皮をはじめとした表皮にシミが出現することもあります。症状が重い場合は自己判断に任せず病院を受診するといいでしょう。
頭皮にシミができるということは、顔表面にもシミやソバカスがでやすくなるため、日焼け予防は全身大切になります。