気になる口臭の原因と対策について

【気になる口臭】ブレスマイルウォッシュ

人と話をしていて相手から気になる臭い≪口臭≫を感じた経験は誰にもあると思いますが、もっと気になるのが自分の口臭ですね。自分では気づかずに、まわりにいやな臭いを発散させていたら…と思うと、とても神経質になってしまいそう。そして、普通は相手の口臭をズバリ指摘するなんてことはなかなかできるものではありません。つまり自分がいやな臭いを出していたとしても、誰も教えてくれないことだってありそうですね。

【口臭はどうして発生する?】

多くは歯周病が原因で、歯ぐきにできたポケットに嫌気性菌が生息して悪臭の元因となります。あるいは歯ぐきの腫れや出血があったり、歯がぐらぐらしたり、虫歯だったり、歯の隙間に食べかすが挟まっていませんか? また、肺や食道、胃、のど、気管支、肝臓など別の器官の不調に由来したり、糖尿病が原因の場合もあります。自分の既往歴にそうした疾患があったり、健康診断で指摘を受けたことはありませんか?それ以外にも、ニンニクやネギ・ニラのような香りの強い食物、またはアルコールやタバコを摂取した結果、胃から吸収された臭いの成分が血液を通して循環し、肺で呼気に排出される場合や、起床時・空腹時や女性のホルモンバランスが不調のときに一時的に臭いが感じられることもありますが、時間とともに薄まっていくため、深刻なものではありません。

【口臭は体調不良のシグナル?】

口臭の発生原因を見てもわかるように、口内や体内の不調に由来する場合もあります。すぐに消えてしまう一時的なものなら気にする必要はありませんが、自分でも気になるほど続いたり、まわりから指摘された場合には、体調が崩れているシグナルかもしれません。歯のトラブル、既往症などの心当たりがあれば、まずは歯科や内科の先生に相談してみましょう。

【気にしすぎないことも大事】

口臭は自分ではなかなか気づけないものですが、逆に自分の口臭がまわりに不快な思いをさせていると思いこんで、口臭チェッカーを買ったものの検知されず、さらに不安になって別機種のチェッカーを次々と買ってしまうという過剰反応を起こすケースもあり、神経質になりすぎても問題です。健康トラブルもなく日々元気に過ごせている方は、エチケットと割り切って、歯磨きを徹底したり、口内洗浄剤でうがいしたり、タングスクレイパーで舌苔を取ったりと、日常生活の中での対応で十分な効果を得られるはずです。