加齢による肌悩みだけでなく、病気(薬物治療)による影響も

私は18歳の頃に、突然高熱が出たかと思えば、全身金属アレルギーになってしまい、主にメッキに弱い体質になり、それだけでなく金属アレルギーになる前と比べ肌全体が過敏になってしまいました。

加齢による影響だけでなく、例えば季節の変わり目(気候の変化)・ほんの少しの体調の変化によっても、湿疹や吹き出物などができやすくなってしまいました。
できやすくなっただけでなく、完治しづらくなってしまった点も大きな悩みどころです。

FACEEリキッドセラムプラスの効果を徹底検証!購入して3ヶ月使用した私の口コミ体験談!

肌というと主に「顔」を思い浮かべる方が多いでしょうが、私の場合は[手湿湿疹や頭皮湿疹]にも数年間に渡り苛まれています。

顔で言えば、化粧水などを塗布することによって起きる[摩擦]や、[保湿不足]によっても肌荒れが起きやすいです。

その他では、主に25歳から約5年以上・別の病気で30歳から約3年以上と長年に渡り闘病生活(薬物治療)を送っていることもあり、薬による影響も少なからず出てしまっているようです。

加齢によって新陳代謝が低下していることに加え、薬物治療もしていると顔・手・頭だけに留まらず、首・デコルテ・背中・お腹・足にも、薬物治療をする以前と比べ出来物ができやすく治り難くなりシミになりやすくなってしまいました。