私の言うことをきいてくれない髪について

生まれてから天然パーマで、赤ん坊の頃はくるくるパーでした。おまけに髪質は太く、硬く、多い。これがずっとコンプレックスで生きてきました。梅雨の時期は尚更うねり絡みはねも一番ひどいコンディションです。年中扱いにくい髪です。クリームやワックス、美容液など何もやってもダメでした。

http://www.traffordfablab.com/

きれいな直毛に柔らかいさらさらな前髪に憧れ、ドライヤーやこてで伸ばしてストレートにしようと試みたこともありましたが、髪の毛は傷む一方で、冬はニット帽でなんとかボリュームを抑えこんだり…夏は汗と湿度でべたべたになり、セットした髪も台無しになります。何もしてもダメなこの髪ですが、年齢を重ねていくと、縮毛矯正もカラーも一切せず、このままのナチュラルさが一番自分らしいと思うようになりました。場合によってはパーマをかけているの?と言われることもあったりして、そんなときは得をした気分になります。

今は黒髪のまま特に特別なことはせず、あごのラインから伸びたら横一でぱっつんと切ってしまっています。このスタイルが一番楽なことにたどり着きました。髪のコンプレックスは女性にとって重大なことですが、今の自分の本来の姿を受け入れて、一番自分の納得する形でケアしていくと不思議と以前より自分の髪を疎ましく思うこともなくなりました。

艶と黒髪と元からパーマかけてる風の髪が今は大好きです。と、言っても言うことはきいてくれないので、家にいるときはできるだけボリュームダウンを図るべくお風呂上りは毎日タオルを巻き、馬毛のブラシでブラッシングをすることを欠かしません。